CONCEPT

ライティングにも『類友の法則』

類は友を呼ぶ
まさにこの言葉の通り、
美しくしなやかな文体は、
その体を理解できる人の
琴線にのみ
たおやかに響きわたるものです。
一方で、汚らしい言葉づかいは、
その言葉を使う人の心までも
汚してしまうもの。

ただどのような時代にあっても、どのようなメディアにあっても、言葉に対する畏れと慎重さは、決して失われてはならないものです。言葉をおろそかにするものは、必ずその報いを受けます。汚らしい言葉を使う人は、ますます汚らしくなっていきます。           (村上春樹)

私たちも、村上春樹のいう
”言葉に対する畏敬と慎重さ”

非常に重視し、大切に捉えています。

あなたが今、
上質なお客様
を求めるのなら
上質な文章を書くことです。

私たちは、
あなたが望むお客さまへ向けて
最大限プラスにアピールできる
ライティングスタイルをご提案します。

 

 

上質な文章は、
上質な顧客を。

カジュアルなライティングは、
カジュアルなお客さまを。

ポジティブな言葉は、
ポジティブな人々を。

愛ある言葉は
愛ある世界を✨

 


ライティングブランディング推進協会
主催 末次鴻子

The following two tabs change content below.

末次 鴻子

文法とレトリックとラップが好きなライティングアドバイザー/Webライティングブランディング専門家。 求人サイト大手のコピーライターから予備校講師、高校国語科教師まで、日本語の世界を泳ぎ続ける美文体研究家。のべ20万件の文章指導経験により文章から心理や性格まで分析することができるという特技を持つ。その特技と文法的知識を活かし「ライティングをブランディングする」という新しいジャンルを開拓。 個人起業家がWEBビジネスで成功するための新しいライティングコンセプト「ライティングブランディング」を絶賛ご提案中。また、美文体研究家として、日本語で表記された文章の、特に美文体の研究と保存を目的とした「日本美文体研究保存協会」(http://bibuntai.jp/)も立ち上げました。2019年からは、親子旅人ライター、奇跡の妊活メンターとしても活動開始! 九州大学文学府大学院国語国文研究室中退 東京都港区在住