コラム

秀逸なキャッチコピーと醜悪なキャッチコピー

私は20代の頃、
故天野祐吉先生主宰の
コピーライター養成講座に学びました。
そこでの学びから20年以上の時が流れましたが、
どんなに時代が移り変わろうとも
普遍的なセオリーというものは
立派に残るもの
なのだなぁとつくづく感じます。

例えば、
広告媒体における
秀逸なキャッチコピーと
ダメなキャッチコピーの簡単な見分け方。

秀逸なキャッチコピーは
読んだ瞬間、読者の頭の中に!?があらわれ、

ダメなキャッチコピーは
読んだ瞬間、読者の頭の中に?あらわれる

と教わったのですが
このセオリー、今でも立派に通じます。

ここで具体例をひとつ。

この👆建設会社のポスターにつける
キャッチコピーとして3パターン用意しました。

A 額に汗する偉大な仕事
B お父さんだってやればできる
C 地図に残る仕事

A・・・平凡なキャッチコピー
B・・・意味不明ないわゆる?ダメなキャッチコピー
C・・・印象深く心に残る、ビジュアルに頼らない
    個性的な、いわゆる!?秀逸なキャッチコピー
(なお、Cのキャッチコピーが実際に使用されたものです)

どうですか?
この3種の違い
おわかりになりましたか?

!?があらわれるとき、
読者はそのコピーの意味が半分は理解でき、
半分はまだわかっていない状態にあります。
そんな中途半端な言葉が、
読者のその先を読み進めたいという
欲求を掻き立てるのです。

一方?だけが頭に浮かぶ場合は、
本題と言葉のイメージがまったく噛み合っていないか
見当違いな表現をしているということ。
したがって、
読者はなんのことやらさっぱりわかりませんから

それ以上知りたいという欲求が湧いてきません。

しかし、この!?が頭にあられるような
秀逸なキャッチコピーにお目にかかれることは
最近ではめったになくなりました。

秀逸なキャッチコピーをひねり出すには
日頃からの不断の努力と
忍耐、時間を要しますし、

さらに言えば、
!?のコピーは
狙いすぎると?なコピーになってしまう
危険性を常にはらんでいます。
クライアント様からお叱りを受けたり、
その企画自体がボツになるリスクを
広告のプロたちは意図的に
避けるようになったのでしょう。

そんなわけで
最近の広告やチラシでは
ほとんど見かけることがなくなった
秀逸なキャッチコピー。

そのかわりに
Aのような、どこにでもありそうな
何にでも合わせられるような
無難で平凡なキャッチコピーが
世間に溢れかえっています。
「わかればそれでいい」という発想でできた
キャッチコピーだらけの時代になりました。

でもそんな今だからこそ
この!?なキャッチコピーを
生み出せたら、

あなたのブログは
いまよりももっと多くの方たちに
読んでもらえることでしょう。

そんな秀逸なキャッチコピーを生み出すための
基本法則を学ぶ講座を作りました

詳しくは当HPのサービス内容のページ
をぜひご覧ください✨

The following two tabs change content below.

末次 鴻子

文法とレトリックとラップが好きなライティングアドバイザー/Webライティングブランディング専門家。 求人サイト大手のコピーライターから予備校講師、高校国語科教師まで、日本語の世界を泳ぎ続ける美文体研究家。のべ20万件の文章指導経験により文章から心理や性格まで分析することができるという特技を持つ。その特技と文法的知識を活かし「ライティングをブランディングする」という新しいジャンルを開拓。 個人起業家がWEBビジネスで成功するための新しいライティングコンセプト「ライティングブランディング」を絶賛ご提案中。また、美文体研究家として、日本語で表記された文章の、特に美文体の研究と保存を目的とした「日本美文体研究保存協会」(http://bibuntai.jp/)も立ち上げました。2019年からは、親子旅人ライター、奇跡の妊活メンターとしても活動開始! 九州大学文学府大学院国語国文研究室中退 東京都港区在住
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

LINE@のご登録はこちらから